2011年02月10日

与信とは何ぞや?

さていろいろなセミナーに行き、本を読みあさっていくうちに、知識もついてだいぶ不動産投資の概要が分かってきたような気がする。

ある日、不動産屋と物件の選び方など相談をしていると、『そろそろ銀行に枠を取ってみましょうか』ということになった。

いわゆるこれが『与信』というやつか。
つまり自分の信用でどのくらい銀行から借り入れができるのか、当たりをつけておくわけである。

売る方も銀行融資が出るか分からない人と取り引きするよりも、ある程度目処がついた人がいい、という理由らしい。

果たしてワタシにいくら貸してくれますか??

ほぼ自営業で収入も普通。
これは一般的なサラリーマンに比べて明らかに「属性」(銀行用語で個人の信用度のこと)が低いと本に書いてあったぞ。

ムムム、しかし借り入れがないと現金で買うしかなく、物件もかなり限定されてしまう。
ここはいっちょやってみるぜ!
与信はタダだし(笑)
不動産屋に言われた書類を準備することにする。

・免許証
・保険証
・源泉徴収票
・会社の決算書(三期分)←ほぼ自営業だけど一応会社なので
・印鑑(三文判)

今の自分にどのくらい信用があるか審査されるわけだからドキドキするな…
結果は後日!


posted by つよぽん at 02:18| Comment(0) | 【所有物件1】 港区のマンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

与信の結果

前回、銀行でどのくらい借りられるかを調べる『与信』のため資料をおなじみの不動産屋に提出し、待つこと数日。。。

不動産屋 『つよぽんさん、結果がでました。』

自分 『ほう、どうでした?ダメ?まさかのゼロ円?』

不動産屋 『それがつよぽんさんの場合、ちょっと厳しいです。』

自分 『・・・(やはりそうか)』

不動産屋 『厳しいんですけど、大丈夫です。なんとかなります!』

自分 『どういうことよ?』

つまり、ほぼ自営業みたいな会社の評価はほとんど価値ナシ、しかもちゃんと働きはじめてまだ2年弱、収入はふつうなもんで個人の信用もあまりナシ、それら理由から銀行も一行に絞られてしまうということに!

それも頭金40%が必要で、金利は4.3%とのこと。。。
なんか条件厳しくね?

オレはどんだけ信用ないんだよ!

そうはいっても銀行融資がないと小さいワンルームぐらいしか買えないぞ。
貸してくれるだけでもありがたいのか??
不動産投資はまだ早かったのか??
posted by つよぽん at 22:52| Comment(0) | 【所有物件1】 港区のマンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

ついに買っちまった <初物件>

買ってしまった。ノリで。

港区の区分所有。

この私がハイソサエティな港区の物件を??

なんか不動産屋にうまく乗せられたような気もするが…
私もオトナです。
やるときはやるし、自己責任は重々承知の上。

こうなったらやってやりましょうよ!


<物件データ>
東京都港区 某高級住宅街(だと思う)
築30年 35u
駅から約10分
オーナーチェンジ物件
1670万円(諸費用別)


しっかし、、、もう契約してしまったのよね。

『清水の舞台』から飛び降るとはこのことか…

重要事項の説明を含め約2時間、長かった。

今でも頭がポーっとしている。

1670万の物件てあんた…

身の程知らずとはボクのことですか?


人生初ローンなんですけど。。
銀行融資がついたら、残金の支払いします。
posted by つよぽん at 22:21| Comment(0) | 【所有物件1】 港区のマンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

銀行融資の詰め

いよいよ、銀行融資がつくことになりさらに書類を用意することに。

その前に、融資がついたと言っても話しを詰めていくとナゼか

『自己資金が50%』も必要だと言うっ!!

だからどんだけ信用ないんだよ!!

1000万近い自己資金を入れねば。。

微妙に資金が足らないぞ。
ギリギリまで貯金するか。
売買契約の有効期間を最大限のばしてもらってて良かった。

さらに必要な書類
1.印鑑証明書
2.住民票(家族全員の)
3.直近の課税証明(自分)
4.(ほぼ自営業な)会社の納税証明その3
posted by つよぽん at 00:50| Comment(0) | 【所有物件1】 港区のマンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

借り入れ申し込み

今日借り入れの申し込みをしてきた。
前回『自己資金が50%』も必要、ということだったが銀行さんの話を聞くとどうも理由があるらしい。

月々返済額が月々の家賃(管理費・修繕費を除いた金額)の60%が融資限度額とのこと。
つまり金利4.3%で借入期間は30年だとすると、家賃11万円で管理費修繕費を抜くと8万円くらい。その60%で月々48,000円の支払いになる。
そこから計算すると借り入れ限度額は850万円になるらしい。
最初支払い期間は15年くらいにしようと思っていたが、無理なようである。

『信用がなさすぎる』だけではなかったようだ。
まあいいや。

そして今回、銀行の担当者から一通り説明を聞いて申し込みをしたわけです。
前回用意した書類を提出し、申込書を記入。

1.借り入れ申し込み
 ↓
2.金消契約(金銭消費貸借契約)
 ↓
3.実行


4営業日ほどで結果が出るらしい。
posted by つよぽん at 22:20| Comment(0) | 【所有物件1】 港区のマンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。